トミカ・プラレール買取ガイド

長年子供のあこがれになってきたタカラトミーのミニカー「トミカ」と電車の「プラレール」。発売されて半世紀が経ちますが、時代の自動車や電車を商品ラインナップとして今も子供達の人気は衰えていませんね。

 

また、「トミカ」道路セットや「プラレール」レールセットを組み立てて完成した喜びや走らせる楽しみにより夢中にさせます。

 

好きな「トミカ」や「プラレール」の大きな駐車場や駅などの多くのパーツによりおもちゃ箱を占領です。

 

子供も遊ばなくなり捨てようと思っても、ごみの分別に一苦労でなかなか手を付けられずにいるかもしれませんね。そこで、「トミカ」や「プラレール」は何ごみになるのか捨て方についてまとめました。

 

トミカは何ごみになるのか捨て方をチェック!

「トミカ」はタカラトミーが販売している金属製のミニカーで、塗装のこだわりやドアの開閉など実物へのこだわりがあります。また、自動車以外にも油圧ショベルなどの工事車両もシリーズに入っているのが特徴ですね。

 

トミカの捨て方はどうするの?

トミカは金属製なので、「燃やせないごみ」で区分する自治体が多いようです。捨て方は専用の袋に入れて「燃やせないごみ」として出します。しかし、何十台も持っていたら、重たくて袋に穴が開いてしまうかもしれませんね。
透明な袋に小分けしてから、専用の袋に入れるなど補強が必要です。

 

「トミカ」は金属製なので台数が多いと重さだけでも袋に入れて捨てるのは運ぶのも大変で、捨て方にも工夫が必要になります。

 

 

大きさも様々なトミカタウンの捨て方は?

「トミカタウン」は街にある色々な施設がそろっており、警察署やコンビニ、ガソリンスタンド、立体駐車場などとつながる道路を組み合わせて街の様子を再現して遊ぶことが出来ます。

 

トミカタウンの捨て方で気を付けること!

トミカタウンはプラスチックで出来た施設模型の集まりです。捨て方についてはプラスチック製品は「燃やせるごみ」の袋に入れて出せる自治体が増えています。袋に入っても一定の大きさ以上は「大型ごみ」になるので注意が必要です。

 

プラスチック製品の捨て方は自治体の焼却炉によって違う!

以前は、リサイクルに該当しないプラスチック製品は「燃やせないごみ」として処分されていました。しかし、焼却炉の性能も向上しプラスチック製品も焼却処分出来るようになってきています。

 

トミカタウンは大きさがさまざまで捨て方も面倒ですね。袋に入れて「燃やせるごみ」に出しても、専用の袋を購入して焼却代金を払っていて、袋に入れられる量もしれています。また、「大型ごみ」になると1つずつに料金が発生します。

 

 

プラレールの車両の捨て方をチェック!

タカラトミーの製品の中でも、「プラレール」は「トミカ」よりも長い歴史があり、自動車以前の蒸気機関車にあこがれて汽車シリーズが始まりです。現在は新幹線をはじめとした電車が人気ですね。
「プラレール」はレールを繋いで車両に電池を入れて走らせ遊びます。車両の捨て方についてチェックしました。

 

プラレールの車両の捨て方はどうするの?

車両は外側はプラスチックでこどもに安全な作りになっていますが、電池を入れて動くおもちゃなので、「燃やせないごみ」の袋に入れて捨てます。3両編成で1セットになるので、いくつか種類を持っているとすぐ袋がいっぱいになってしまいますね。

 

車両は壊れづらいのでは?

「プラレール」はレールを組み立てるため、車両は意外ときれいな状態で残っていたりして、きれいに残っていたら捨てるのがもったいなくなってきます。
いらないものですから、処分は必要ですね。

 

「プラレール」の車両の捨て方は、「燃やせないごみ」の袋に入れて捨てます。しかし、車両も種類が多いとすぐかさばって捨てるのが大変です。

 

かさばるプラレールのレールの捨て方をチェック!

「プラレール」のレールは車両を走らせて遊ぶための部品として、メインになるものなので、直線やカーブとかなりの数になってしまいます。レールの捨て方についてまとめました。

 

プラレールのレールの捨て方はどうする?

プラレールのレールは、プラスチック製品なので「トミカタウンの捨て方で気を付けること!」と同様に「燃やせるごみ」の袋に入れて出せる自治体が増えています。
大量のレールを箱に入れて捨てる状況になると「大型ごみ」になるかもしれないですね。

 

プラレールのレールの捨て方も面倒です。袋に入れて「燃やせるごみ」に出しても、専用の袋を購入して焼却代金を払っていて、袋に入れられる量もしれています。また、「大型ごみ」になるとそれなりに料金が発生します。

 

 

プラレールの駅やその他パーツの大きさはいろいろ、捨て方をチェック!

プラレールの駅やその他パーツはレール1本分や2本分など大きさも様々で、捨て方も苦労します。パーツの捨て方についてまとめました。

 

プラレールの駅やその他パーツの捨て方で注意することは?

プラレールの駅やその他パーツは原則レール1本分に情景を統一されていたり、2本分の鉄橋だったりとレール以上に整理しずらくかさばります。
捨て方はレールと同じく「燃やせるごみ」の場合が多くなりますが、自治体指定の大きさ以上になると「大型ごみ」です。

 

レール同様にパーツを捨てると「燃やせるごみ」の袋代がかさんだり、「大型ごみ」の料金もばかにならないでしょう。

 

トミカやプラレールを一番楽に処分する方法

「トミカ」「プラレール」ともに何ゴミになるのか捨て方も大型ごみの確認になり、分別して捨てるにしてもお金がかかり一苦労です。

 

捨てるのも大変で分別も大変ですが、宅配買取サービスを利

 

用すると捨てるのに運ぶ手間も省けて便利です。買取なので汚れは落としてきれいな商品にすると買取の価値も上がり臨時収入になるかもしれません。
おすすめするのは、「買取専門店トレジャー」です。

 

手数料ゼロで全国対応、送料無料で無料宅配キットも届けてくれるのでいたれりつくせりです。

 

買取専門店トレジャーはこちら